ジフテリア

投稿日:2013年6月6日|カテゴリ:各種予防接種について

ジフテリア

ジフテリア毒素を産生するジフテリア菌の感染によって起こる急性感染症で、感染者の痰やつばから感染します。潜伏期間は2~5日で、症状として、鼻みずなどのかぜの症状が出る鼻ジフテリア、のどに感染して、のどの痛みや、発熱を伴う扁桃・咽頭ジフテリア等があり、発病2~3週間後には心筋障害や神経麻痺を起こすこともあります。

予防接種

四種混合ワクチンまたは三種混合ワクチンで予防します。三種混合ワクチンの接種方法は「1期」としてDPT(ジフテリア・百日咳・破傷風)三種混合ワクチンを生後3ヶ月に達した時から1歳までに1期初回を終え、1期初回接種の3回が終わってから1年から1年半の間に追加を行います。また、「2期」として11~12歳時にDT二種混合ワクチンで接種を1回行います。

白子町では国より定められた定期予防接種を「無料」で実施しています。

二種混合(ジフテリア・破傷風)、三種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風)、四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)の接種費用は「無料」です。※接種対象年齢内にかぎります。

詳しくは白子町役場保健福祉課健康づくり係 電話: 0475-33-2179

「ワクチンで防げる病気」